(2019年11月22日公開動画より)
『デスストランディング』は
現時点で100点満点中、65点くらい。

まだゲーム内容が
全然わからない
時点で
訳のわからんムービーを
ずっと見させられて、
変な固有名詞を乱発されて
もう勘弁してくれよって感じ。

なんで固有名詞を
こんなにいっぱい
出しちゃうんだろうね。

「ネクローシスされて…」
「BBがアレで…」「BTが出てきて…」
もうしんどいよ。ワケ分かんない。

「パルスのファルシの
ルシがパージでコクーン」
っていう、あのFFの反省を
一つも活かしてない。

誰だって最初は知識の無い
フラットな状態で
その世界に入るわけで。

そのなかで時間軸を前後させたり
場面を転換したりっていうのは
全然ユーザーフレンドリーじゃない。

これ、漫画としては失格。
最初の5ページ読んだ時点でポイ。

映画としてもちょっと失格。

固有名詞を乱発する人って
あんまり好きじゃないの。
クリエイターとして。

こういう作品を作ってる人って
おごりがあるんじゃないか?

「自分の作品は
絶対みんな最後までやるでしょ」

「最後までやれば
絶対面白いから
みんなやってくださいよ」

「なぜなら私は
小島秀夫ですよ」

みたいな。

でもそれは
おごりなんですよ。

やっぱり最初の
『つかみ』っていうのは
メチャクチャ大事で、

ぼくは今
つかまれてないの。全然。

なんならここで
ポイしちゃうんですよ。

“グラビア界の黒船”
リア・ディゾンが
「ポイしないでください」
って言ってたけど。

そんだけ言われても
ぼくはポイしちゃうんだよ。

小島監督の
デスストランディングこと
リア・ディゾンを。

だってこっちはやりたいゲーム
他にもいっぱいあんだから。

『ポケットモンスターシールド』
『ルイージマンション3』
『ストレッチャーズ』…

そんな中でぼくをいつまで
デスストランディングに
縛り付けるんだよ。

もう3時間やったけど
しんどいんだよ。
ゲーム性がまだ全然
出てきてないから。

最後おしっこして終わりだよ。
拠点みたいなところで
大便と小便選べるから
とりあえず小便して。

それが最後のプレイだよ
ぼくにとっては。

だって難しいんだもん。
なにがBTとBBだよ。

BTとBBって名づけ方が
そもそも変じゃない?

BTはゾンビみたいな死者から
しばらく経つと出てくる黒色の
エクトプラズムみたいなもので、
能力者のドゥームスにしか見えない…

ほら、言ってること
ワケ分かんないでしょ?

ぼくは能力者の
ドゥームスって言うんだけど、

そのドゥームスは
ちょっとだけBTが見えるの。

で、そのBTは能力者の
レベルが低い
ナントカカントカだと、
ナントカカントカ病で
涙出ちゃうのね。

そういう能力者の
レベルが低いやつは
BTの足跡しかしか見えないし、
気配しか感じないの。

でもBBを持ってると
見えるようになるんだよ。

ほら意味分かんないでしょ。
これを全部覚えないといけない。

それに加えて、
アメリだとかブリッジズだとか

元大統領が自分の義理の母親で、
その遺体を焼却して持って行って…
……みたいな。

ワケ分かんないよ。

こんなに詰め込むなよ。
詰め込み教育はやめなよ。
ゆとり教育にしてくれ。

難しい単語覚えるのは
1つにしてくれ。

冒頭に出す登場人物は
3人までにしてくれ。

「こいつ死んだんだったら
重要じゃないじゃん
名前覚えて損した」

みたいなキャラが
ドンドン出てくるんだよ。

しかも冒頭は
ゲーム性がほとんどなくて、
今言ったみたいな
ムービーを延々と
見させられるんだぜ。

これはいかんよ。
たとえ最後までやれば
全てが納得いって
面白いとしても。

『つかみ』を
失敗
してるんだったら。
クリエイターとしては
3流だから、おごりです。

次回作を作るんだったら
もうちょっとディズニー映画とか
子供向けの『しまじろう』とか見て
もっとハードルを下げてください。

あえてこのグロ描写いります?
っていうのも多いんだよ。

冒頭で女のひとが
カブトムシの
幼虫みたいなのを
食べるシーンとかさ。

ゲロ吐いたり、
人が死んで
グチャグチャーとか。

いちいち生理的に嫌な
描写が入るんだよね。

そういうのが
話題作にするための
要素なのかも
しれないけどさあ。

だから……
ポケモンやった方が
良いんじゃないかな。
小島監督。

あとマリオ。

それにディズニーの映画とか
となりのトトロとか
魔女の宅急便とか観てさ。

それで
「ストーリーって
こういう風につくるんだ」
ってことを勉強して、
それからもう一回
次回作を作ってみたら?

コロコロコミックの
漫画も参考になるよ。

例えば
『コロコロアニキ』に載ってる
こういう漫画ね。

分かりやすく、
アホでも分かるように描いてる
この『40代漫画家、原稿料は月5万…
副業のユーチューバーでの月収20万!!』
(作 ピョコタン)

難しいコマ割りなんか
一切使わないから。

あと吹き出しの
文字も大きいでしょ。

ぼくの漫画の吹き出しって
大きめに描いてあるから、
中の文字も大きいんだよ。

老眼の人とかにも
優しい作りになってんの。

これねクリエイティブとしては
非常に重要な考え方だから。

吹き出しの文字は
できるだけ大きくして。

難しい言葉は使わない。

固有名詞はほとんど出さない。

登場人物は2人か3人まで。

とにかくハードルを下げて下げて
色んな人をウェルカム状態に
しておくってことが
クリエイティブなんだよね。

ぜひ勉強して
次回作頑張っていただけたら
また、ぼくもやりますから。
(文字起こし協力:広川セイイチさん