(2018年5月10日公開動画より)
『VRZONE新宿』の新アクティビティ
『ドラクエVR』がとても良かった。
ドラクエの世界に自分が入れる体験。

ネックは価格。
実質30分くらいの体験で
入場料も合わせると4000円かかる。
選ばれし金持ちだけの娯楽。 
それでも4000円払う価値はある。

この価格でやってて、
この先の1カ月の予約が全部
埋まってるというのもすごい。

ドラクエVRはランドセル型で、
背中に機材を全部しょって
フィールド内を自由に歩ける。

VRに慣れてない人がやったら
すごいインパクトだと思う。

あのいつものドラクエの音楽で
ドラクエのフィールド内を
自由に歩きながら、モンスターを
剣で切ったり、守ったりできる。

戦士、戦士、魔法使い、僧侶の
4人パーティの構成のみ。

ぼくはじゃんけんで勝って僧侶を
選んだ。僧侶がやれることは

『ザオリク』で死んだ仲間を
生き返すこと。

『ホイミ』で傷ついた仲間を
回復すること。

『バギ』で攻撃もできる。

僧侶は攻撃もできて回復と蘇生も
できるから、一番重要。

最初にチュートリアル的なステージで
スライムとか弱い敵をやっつけて。

ちょっと強くなって、
キメラとかが出てくるステージ。

かなり強くなって
ゴーレムとかまで出てくる世界。

そして最後に大魔王ゾーマと戦う。
この大魔王ゾーマとの熾烈なバトルが
メインコンテンツ。

4000円払ったうちの2500円くらいの
価値がここにあるような感じ。

そこでやらかしちゃいました…
察して下さい…

大魔王ゾーマと戦っている中、
仲間の3人からぼくの姿は
半透明の状態で幽霊として見えてて
ただウロウロしてるだけ。

一生懸命、剣で戦ってる戦士や、
『バイキルト』かけてる魔法使いの
様子を眺めながら、ただフラフラと
幽霊で歩き回る時間が5分くらい。

あれは悲しすぎる。
僧侶が死んだら誰も生き返せない。
『ザオリク』使えるの僧侶だけだし。

ちょうどぼくの前に戦士がいたから
盾になってくれてると思って安心して
立ってたら、ゾーマが最初に唱えた
『マヒャド』の呪文が戦士を貫通して
ぼくまでダメージくらって即死した。

かなり悲しい。
もう絶対に僧侶やりたくない。
せっかく僧侶が一番役に立つかと
思って選んだのに…

これからドラクエVRをやる人は、
特に僧侶の人はホントに気をつけて。
とにかく『マヒャド』に気をつけて。

下から氷山みたいのがどんどん
こっちに向かってくるから。
そしたらすぐに避けろ!

こんな悲しい目に遭う僧侶は
ぼくだけで十分だから…

(文字起こし協力:視聴者Bさん)