(2019年3月25日公開動画より)
Googleがゲーム事業への参入を発表した。
『STADIA(ステイディア)』という
クラウドゲームのサービスとのこと。
これはつまり任天堂とソニーの
終了のお知らせということになる。

この発表に合わせて任天堂とソニーの
株価も暴落した。ゲームソフトと
ハードの一体型ビジネスが終了する
可能性が出てきたということ。

Googleは何をやろうとしてるのか?
クラウドゲームの仕組みを言うと、
どんな端末からでもゲームができる
ようにするということ。

スマホでもタブレットでもテレビでも
高画質の動画が再生できる環境なら
どこからでもゲームができる。
つまりゲーム機が要らなくなる。

でも任天堂派のぼくは楽観視してる。
なぜなら完全にタイムラグをゼロに
するのは事実上不可能だから。

仕組みとしてゲームの全ての処理を
ネットワークの向こう側で行う。

プレイヤーが手元のコントローラーで
操作した情報をネットワークの
向こう側にあるゲーム機で処理して、
それをまた映像としてこちらに
送ることになるんで、タイムラグが
ゼロになることはありえないと思う。

この操作のタイムラグが
アクションゲームや格闘ゲームには
命取りになってくるんで難しい。

プレイヤーの入力操作を先読みして
タイムラグが無いように見せかける
ことはできるかもしれない。

ニンテンドースイッチにも
いくつかクラウドゲームがある。
『バイオハザード7』や
『アサシンクリード』など。

でも実際にプレイしてみると
回線の問題で画面が荒くなったり
ノイズが入ったり、ラグもあって
操作感もあまりよくない。

まあこれから技術が進化していけば
このあたりも改善されるだろうけど。

現状は普通にPS4版をやればいいや
って思っちゃう。

Googleが本気で参入することの
真の脅威は、その『資本力』にある。

こういう外資系の巨大企業は
とことんまで金をつぎ込んで、
ユーザーやクリエイターの
囲い込み作戦をしてくる。

YouTubeやAmazonを見ればわかる。
ぼくも最初はニコニコ生放送で
活動していたけど、
YouTubeに移行した。

それはやっぱりYouTubeが
クリエイターを尊重してくれて
収益化のシステムもしっかり
できているから。

そもそもYouTubeも
Googleのサービスの中の1つだし。
つまりゲームクリエイターにも
この流れは絶対に起こってくる。

結局、クリエイターがGoogleに
集まって、良質なゲームが
どんどん出てくれば、
自然とユーザーもそこに
集まってくるということ。

任天堂はオリジナルコンテンツを
たくさん持っているから
まだ大丈夫だとは思うけど、
ソニーはヤバイんじゃないかな…?