(2019年3月18日公開動画より)
ピエール瀧さんが薬物で捕まった。
言ってたけど、20年前から薬物を
やってたとなると、そこから
抜け出すのはかなり厳しい。

よく言われるのが
「3大欲求に組み込まれる」
っていう。食欲・性欲・睡眠欲。
そこに薬物欲が入ってくる。
もう中毒だから。完全に病気。

そんなピエール瀧さんの逮捕に対して
世の中が割と寛大なのは
いい傾向だと思った。

すぐに『いだてん』というドラマの
出演シーンが撮り直しになったり、

PS4の『ジャッジアイズ』の
販売が自粛されたり、

『電気グルーヴ』の曲も
聴けなくなったりしたけど、

そこまでやる必要があるのか?
ということに世の中が気づいてる。

こういう動きというのは
本質的なところで見れば
北海道の地震が起こった時に
『ニンテンドーダイレクト』が
延期になったのと同じこと。

世の中にいる『不謹慎厨』という
頭の悪いクレーマーのせいで
自粛ムードにせざるを得ない状況。

でも今回の事件は直接的な被害者も
いないということもあって、
こういう自粛ムードへの疑問を
声に出しやすい。これはいい流れ。

作品に出演していた人が
犯罪者になったからといって、
その作品自体には何の問題も無い。

それを世の中から抹消しよう
だなんてとんでもない考え方。
クリエイティブに対する冒涜。

ぼくもクリエイターとして
作品を作る側の人間だから、
そういう人たちがどんな想いで
物を生み出してるのかがわかる。

命を削って作ったものが
ちょっと犯罪者が出てるだとか
そんなくだらない理由で
消されていいはずがない。

もちろんピエール瀧さんが
やったことは犯罪だけど、
それとこれとは全く別の話。

罪は罪でしっかりと罰を受けて
償ってもらえばそれでいい。

個人的にはコカインも大麻も
別にどうでもいいと思ってる。

ピエール瀧さんみたいに
節度を持って使い続けてれば
何1つ問題も起こさずに
NHKの大河ドラマに出たり
活躍を続けられるってことが
証明されちゃったわけだし。
たまたま法律で禁止されてただけ。

ぼくにとっては身近にある
タバコやアルコールの方が
よっぽど迷惑。