(2019年1月11日公開動画より)
ZOZO前澤社長がTwitterでやってた
1億円バラマキ企画が良かった。
ぼくもリツイートした。

当たったお金の使い道も考えてた。
前澤社長の彼女の剛力彩芽さんの
写真集とDVDを100万円分買って、
仲間の漫画家に配ろうと思ってた。

動画の企画として100万円分の
写真集の山を見せられるし、
仲間の漫画家に配る時にも
ついでにライブ配信をすれば、
いろんな漫画家が入れ替わり
やってきたりして面白くなりそう。

当選すること自体に価値があると
思ったんで、お金は別に要らない。
前澤さんから直接DMが届いて
自分の口座に100万円振り込ませた
という行為自体に価値がある。
だから当たりたかった。

こうやってお金持ちが
気持ちよくお金を使える道を
たくさん作ることが大事。

これに対して「やり方が下品だ」とか
文句を言ってるヤツは黙ってほしい。

そんな中、とことん見当ハズレの
意見がリツイートで流れてきたんで
誰かと思ったら、M-1審査員の
立川志らくだった。

「当選した人はそのうちの何割かを
被災地に寄付するという条件を
つけた方がいい」とか言ってた。

この人は何にもわかってないんだな
と思った。寄付とか全く関係ない。
なぜここでモラルを出してくるのか。
当然のことながら前澤社長は
寄付だって他でいくらでもやってる。

こういうトンチンカンな意見を
平気で言えるような変人だから
M-1の審査員の時にも
おかしな採点や空気の読めない発言を
してたのだと理解した。
ぼくが第一印象で感じた違和感
間違ってなかったと思った。

他にもこういう前澤さんの個人的な
お金の使い方に対して文句を言ってる
無関係の人間がたくさんいる。

たしかにこのやり方自体は
粗削りだったり、モラルを問いたい
部分もあるかもしれないけど、
他人がどうこう言う必要はない。

クソ貧乏人どもが大金持ちの
個人的なお金の使い方に口を出すな。

よく言われるのが、日本国民の
総資産のほとんどを上位数%の
お金持ちが持ってるということ。

そのお金持ちの資産が動かなければ
世の中には回ってこない。

ポーカーをやっててもわかるけど、
チップリーダーが動かなければ
時間が進むにつれて他のみんなが
ジリ貧になってしまう。

大金持ちのお金をいかに効率良く
放出させるかを考えることが
世の中にとってもプラスになる。
前澤さんみたいな人が増えた方が
世の中の皆にとってプラスになる。

今回の前澤さんは皆が喜ぶと思って
お金をばらまくことを決めたわけで、
その手段がどうだとか細かいことは
抜きにして、そういう行為は
気持ちよくやってもらえばいい。

こうして大金をばらまくことを決めた
お金持ちに対して、モチベーションを
下げるような言葉を投げつける
クソ貧乏人どもは、世の中にとって
害悪でしかない。何のプラスも無い。

自分の首を絞めてることに気づかない。
だからオマエら貧乏人はそうやって
ウダウダ世の中に不満ばかり言って、
いつまでたっても一生貧乏人のまま
野垂れ死ぬんだろうが!カスが!

…と思いながら見ていた。

今後さらに金持ちが気持ちよくお金を
ばらまけるような環境を整備してほしい。
税制面で優遇したり、世の中のみんなに
喜ばれるような健全なシステムとして。

現状、お金持ちが大金を使えて
みんなに喜ばれるようなことって
寄付くらいしか無い。

もっといろんな選択肢を用意して
金持ちが世の中に気持ちよくお金を
ばらまける方法をたくさん作るべき。

すごく小さい規模の話にはなるけど
キャバクラやホストクラブでは
メニューの中に数十万円もする
シャンパンが入ってる。

このシャンパンを買った客は、
派手な演出でみんなに感謝されて
すごく気持ちよくなれる。
だから別にそのシャンパンが
飲みたいわけじゃなくても
気持ちよくなりたいから買う。

このシャンパンのようなメニューを
世の中にも用意しろということだ。