(2016年1月12日公開動画より)
ぼくには姪っ子と甥っ子が
いっぱいいるんで
お年玉もあげるんだけど、
今年から新方式を導入した。

カジノとかによくある
ルーレットゲームを持っていく。
お年玉を現金であげるのとは別に
そのルーレットに賭けられる
チップを1000チップあげる。

そのチップは、その場で1000円と
交換してもいいけど、ルーレットで
賭けて増やすこともできる。

例えばこの1000チップを
『赤』に全部賭けて
ルーレットで『赤』が出れば
2000チップに増える。

それを2000円と交換すれば
お年玉が追加で2000円もらえる
ことになる。

これは賭博ではない。
なぜかというと、ぼくはお年玉として
慈善事業としてお金をあげてる。
さらに加えてチップもあげてる。

このチップを売ってない。
参加費を徴収してない。全部あげてる。

あげたものを好きに賭けて、
しかも好きに換金するっていうのは
全く賭博でもなんでもない。

例えば「この1000チップを
1000円で売ります」って言って、
一度あげた現金をチップと交換したら
それは賭博になる。

子供が多いから
たくさんのサンプルが取れる。
血の繋がった兄弟姉妹でも
賭け方が全然違うのは興味深い。

破滅型もいた。
ギャンブル廃人タイプ。

ドーンと大きく賭けちゃって
負けたらその倍をさらに賭けて
スッカラカンになって即終了。

そういう子もいれば、
堅実に少しずつ賭けて増やして、
増えた分は絶対に使わないって
キープしておいて、
チマチマと長く遊んで
最終的にチップが倍になったら
迷わず換金するような子もいた。

あとはバカもいた。
赤と黒に500チップずつ賭けるバカ。

これを説明しないとわからない子も
けっこういるのがやばい。
もう小学校2年生とかなのに。

赤と黒に500ずつ賭けても
どちらが出ても2倍だから無意味。
しかも0か00が出た場合には
全部持っていかれるという
損にしかならない賭け方。

こういうのはぼくが教えないと
こいつは一生そういう詐欺に
引っかかることになる。

お前がやってることは
何の意味も無いんだよ
ということを教えてあげる。
0か00が出たら
破産するだけなんだから。

あとは1回誰かが大当たり
したのを見ちゃうと、
もうそれしか狙わなくなっちゃう。
麻薬みたいな感じ。

例えば25チップを1つの数字に
賭けて当たると36倍だから
900チップになる。

こういう確率の低い一攫千金ばかり
狙うようになって、
しかもリターンを大きくしようと
どんどん賭ける額も大きくなって。

「8が出そう」とか根拠のない理屈を
ずーっと信じて8のところに
100チップを賭け続けてた子もいた。

そういうプレイ1つ見ても
「こいつは危ないなぁ」とか
「こいつは堅実だから安心だな」
とか全部わかる。

親側の立場からしても役に立つ。
ルーレットのプレイ1つ見れば
いろいろわかってくるから。

ほんと良い教材なんで
ぜひやってみてほしい。

子供の時なら、
破産してもたかが知れてる。

こういう教育を受けずに育った子は
大人になってから自分の全財産で
破産しちゃう。

そうなると取り返しつかない。
もう債務整理とか自己破産とか
そういうことになっちゃう。

『バンクロール管理』
『オッズ理論』

このあたりの教育は、
幼いうちからすればするほどいい。

1回痛い目を見せてやった方がいい。
子どものうちに。

ぼくも、自分のお年玉を
全部ルーレットで父親に取られて
最終的には泣きながら
通帳を賭けたという思い出もある。

あの手痛い失敗があったからこそ
今こうやって、その経験を
子供たちに伝承していく。

ジャイアンツの桑田だって
野球一筋で野球選手になって、
こういう経験が無いから
たくさん稼いだ時に騙されて
全部無くしちゃった。

プロ野球選手は若いうちに
生涯年俸のほとんどを稼ぐから
ここで失敗すると
取り返しがつかなくなる。

プロ野球選手やアスリートに
甘い言葉を投げかけて大金を
騙し取る詐欺事件もよくある。

お金を持ってるのに
騙しやすいバカが多いということ。
阪神の金本とかも全部やられた。

お金を持ってる時にオッズ理論や
バンクロール管理を理解せずに
全部使っちゃって。

そういうやつらの未来は悲惨。
清原とかもそうだけど。

お金を持つ前に、いかに小さい頃から
そういう教育をしておくか。

そこはしっかり教育した方がいい。
この動画を見るだけでも
多少の教育にはなるでしょ。

(文字起こし協力:視聴者Bさん)