(2016年10月25日公開動画より)
月刊誌『ゲームラボ』で長いこと
漫画を連載している漫画家仲間の
マミヤ狂四郎。彼はWEBメディア
『ロケットニュース』の編集長
でもある。

ロケットニュースの編集長になって
からというもの、漫画に対する
モチベーションが明らかに低くなって
いるのがわかる。漫画を片手間で
やってる。なめてる。

それでいい。正解。

逆に漫画家専業で
「この先も漫画一本で食っていくぞ」
って言ってるやつは「死ぬ」って
言ってるようなもん。

雑誌がどんどん減ってる。
漫画が載る媒体が減り、部数も減り、
漫画家志望者だけは増えている。

マミヤさんやぼくのように
時代に合わせて変化しつつ、
ついでに漫画を描いてりゃいい。

すでに結果を残してる漫画家なら
余力で生きられるとは思うけど、
今から漫画家目指してる人どうすんの?
死んじゃうよ?

先輩漫画家やお世話になった編集者に
こんなこと言ってるのを見られたら
やばい。でも仕方ない。事実だから。

ぼくはアウトプットの1つとして
漫画を描いてる。漫画を描くのが
好きだから。でもそこにこだわって
漫画1本でやらなきゃならない
理由は1つもない。

任天堂の宮本茂さんやドラクエの
堀井雄二さんだって漫画家を
目指していて、時代の流れに合わせて
結局ゲームを作った。それでいい。

ぼくも好き勝手にやってるけど、
楽しくアウトプットできてる。
こうやって自分の考えを話して
動画にするのもアウトプットの1つ。

固定観念に縛られずにやっていく。
漫画1本で食っていくなんて
一度も言ってない。配信やりたきゃ
配信をやる。株やポーカーもやる。

漫画は90年代に比べてリターンが
少なくなった。競争率が高い割に
見返りも少ないし影響力も無い。
完全に下降トレンド。

そんな中、一番大事なのは
コンテンツホルダーとしてぶれずに
立つこと。ぼくみたいに。
個のメディアとして。

今は中間マージンなどを取られずに
直で繋がれる時代。出版社で本を
出してビジネスとして成立するには
10000部売らないといけなかったけど、
自分でやれば1000部でも成立する。

出版社経由で電子書籍を出すと
中抜きされる。自分でKindleで出せば
1000円の本なら350円は入るけど、
出版社から出すと、ヘタすると50円
くらいしか入らない。
労力はほとんど同じなのに。

電子書籍は個人でやった方がいい。
『ぼくは任天堂信者』1冊で
200万円以上儲かった。
こんなゴミ本だけど、自分1人で
出したのが良かった。それも
Amazonセールのバブルがあったから。

今は月20000円くらい。
他にもYouTubeでの動画収入とか
細かいけどいろいろ入ってくる。

好きでやってて、別にお金を
もらえなくてもやるようなことを
やっていて、おこづかいを
もらえる感覚がいい。
稼ぐためにガーっと働くのは嫌だけど、
やりたいことやって、それがお金に
結びつくのはうれしい。

『ニコニコチャンネル』という
ビジネスも全く興味が無い。
狭い方へ向かっても意味がない。
だったら同じものをYouTubeに
公開した方がいい。5~10倍の
人が見てくれる。

大勢の人に見てもらえる方が、
たとえお金にならなくても
自分の未来にとってプラスになる。

ニコニコチャンネルを取って、
結局うまくいかずに閉鎖している
配信者もたくさんいる。
どうすれば利益を最大化できるのか、
自分の時間を持てるのか、よく考えろ。

ニコ生もすでに沈没船。漫画雑誌と同じ。
未来はわからないけど、
今はYouTubeやKindleが強い。
とりあえずそこに乗ればいい。
柔軟にいくしかない。

自分が今やりたいことはなにか?
ぼくは今はVRゲームに興味があるから、
いろんなところに足を運んでる。

モンスターストライクもこれだけ
流行ってるけど、リリース2カ月の時に
気づいてミクシィ株でボロ儲けできた。

常にアンテナを張っておく。
どんなことにおいても最初に
飛び乗った人は有利。
YouTuberのヒカキンとか。
やってることは誰でもできること
だったりもする。Kindleや
LINEスタンプのクリエイターも同じ。

目先のものに追われてると、
それに縛られてしまって最初に
飛び乗れない。自分の未来にとって
飛び乗った方が絶対にプラスだと
思うものがあれば、漫画の締切を
破ってでも飛び乗れ。

そういった人生の選択も常にオッズで
考える。長年のポーカーの経験が
活きてる。みんなもポーカーを
やった方がいい。麻雀やボードゲームも。

こうやってぼくがいつも言ってることで、
誰かの心が動いてる。これも社会貢献に
なっている。

「じゃあおまえ数億円もってんのか?」
って言う人もいるけど、別にそんな大金
いらない。余計なリスクや税金もかかる。
ある程度の利益があれば十分。
楽しく生きてりゃいい。

柔軟な頭を持って生きないと損するよ。