(2018年10月3日公開動画より) 
任天堂とサイゲームス共同制作の
新作スマホゲーム『ドラガリアロスト』
をやってる。
「コロプラの『白猫プロジェクト』に
似ている」などという意見もあるが、
視野が狭い。

こういうゲームをワールドワイドで
展開できるのが任天堂の強み。

実際にアメリカと香港と台湾の
スマホゲームランキングをチェック
しているが、そこそこ良い順位に
ランクインしている。このゲームの
今後の利益の可能性を強く感じる。

そんな中で、今日任天堂株を売った。

ぼくはそんなに金持ちでもないので、
これまでは資産の大半を任天堂株が
占めていた。買ったのが150万円で、
現在420万円。

これからドラガリアロストが評価
されたりニンテンドースイッチの
爆売れや、マリオカートの
スマホゲームなどで700万円台を
目指す展開も考えられるが、
200万円台になるような
未来もありえる。

資産の大半を任天堂に託すのは
心配なので、もう売ってしまおう
と思った。苦渋の決断。

株主総会に出席するために他の会社の
株を権利確定日に1日だけ保有
するのにも現金が必要だった。

任天堂株を売ったお金で『ほぼ日』と
『メタップス』の株を買った。

ただ、このままでは来年の任天堂の
株主総会は行けなくなってしまう。
3月末決算の企業は他にもたくさん
あるので、任天堂も含めると600万円
くらい現金が必要。そんなに持ってない。

ここ最近は任天堂株を信用取引で
保有していることもあったが、
金利だけで年間10万円以上かかるので、
ばかばかしいと思って手放した。

なんだかんだで現金が強いし安全。
仮想通貨バブルの崩壊を見て感じた。

仮想通貨の口座にビットコインと
VACUSを入れてあるが、こちらも
手を付けられず塩漬け状態になってる。

昔はぼくも「日本円はオワコン」だとか
「銀行にお金を預けてるやつはアホ」
などと言っていた。
その節はすみませんでした。

あの頃のぼくは若かった。
タイムマシンで戻って叱ってやりたい。

今は任天堂株を売った現金を担保に
信用取引でデイトレードなどをしつつ、
株主総会に行くために権利獲得日のみ
現物で保有するようにしている。

この前も『コロプラ』と
『サイバーエージェント』の
株主総会に行くための権利を獲得する
つもりだった。

任天堂と係争中のコロプラの社長に、
株主総会で任天堂について
質問したかった。

サイバーエージェントは
ドラガリアロストを作った
サイゲームスの関連企業なので、
藤田晋社長にそのあたりのことを
聞こうと思った。

権利獲得日の15時前にアラームを
セットして備えていたが、
お昼寝してアラームを
スルーしてしまい買えなかった。

任天堂株を売った理由はもう1つある。

任天堂とスマホゲームで協業している
DeNAの株もずっと保有しているが、
一向に騰がる気配が無く、今年も損を
増やしていた。他にも信用取引の
損などトータルで100万円くらい
マイナスだった。

任天堂株の利益は200万円くらい
あるので、利益確定でかかる税金を
少しでも減らすために、
損を相殺して年間の利益を調整できる
今がベストタイミングだと思った。

任天堂株の利益確定せずに、
今年の損を来年に持ち越すことも
できるが、書類が増えて面倒。

今年は株での収入が増えたとしても、
仮想通貨での利益も無いし、もともと
漫画の収入も低いし、YouTubeの
稼ぎもそんなでもないので大丈夫。
来年以降のブレイクに備えておく。

ぼくのこの素晴らしいポテンシャルを
考えると、来年以降の方が儲かりそう。